ミスドのバイトはドーナツが無料!?仕事内容や口コミ評判など

バイトをする魅力もあるミスド

ミスタードーナツはドーナツチェーンのブランドで今ではご存知の方も多いでしょう。ミスドという名前で呼ばれており、発祥はアメリカですが近年は日本中心として人気があります。
ドーナツはコンビニなどでも最近は見かけますが、コンビニとは違う味わいのあるミスドのドーナツ。

 

 

そんなミスタドーナツですが、今回は「ミスタードーナツのバイト」ということで、その口コミ評判・仕事内容や待遇、面接対策などアルバイトとしてのミスタードーナツについて詳しくご説明いたします。
バイトをしたいという方は、ぜひ参考にしてください。またあまり関係ないですが、ミスドで働く方のことを「働きさん」と言います。

 

 

ミスタードーナツ バイトの口コミ評判

実際に勤務していた方の声となります。

 

 

女性 17歳

ミスドは覚えることが多くてついていけなく辛かったです。セールスだったのですが箱詰めなどが苦手で苦労しました。行動が遅く私には不向きだったんだと思います。特にセールの日。地獄を味わいました。次から次にお客さんが来る。止まりません。

ただ、シフトはかなり融通が利くので好きな時に休みが取れたのが大きかった。テスト休みとかもそうでしたがかなり助かりました。時給については普通といったところでしょうか。
田舎の店舗だったので時給は飲食店などと同じぐらいでしょうか。またドーナツが食べ放題だったのですが、食べ放題と言われてもそこまで食べられないです。
知り合いの人は4〜5個休憩時間に食べていましたが、凄いな〜と思いましたね。ちなみに職場の雰囲気は良かったです。
おすすめ度:

 

 

男性 18歳

高校の帰り道にバイトを探していたらちょうどミスタードーナッツがお店の「張り紙」にてバイトを募集していたので申し込み。

見事合格して働きました。このお店で働いたのは1年程度ですが、働いてよかったなと思うことはたくさんありますが、出会いがあったことですね。
出会いというと異性の出会いを考えてしまうかもしれないですが、男女年齢関係なく一緒に働いている仲間と楽しむことができました。完璧なぐらい人間関係はかなり良かったですね。このような職場はある意味珍しいかもしれません。このような良い環境で働くことが出来て運も良かったです。バイトの先輩からの差し入れが「ドーナツ」だったときは笑いました。たまにお店に行ってドーナツを買ったりしていますが、バイトしていると無料なのに…とセコく考えてしまいますね。
お勧め度:

 

 

女性 17歳

あまり忙しくないイメージだったので応募し、働くことになったのですが基本的にはそんなにハードではないです。ただおやつの時間帯の3時頃がすごい忙しいです。

行列が出来ます。1時間くらいが集中して混み合います。その時間帯さえ乗り切れば後はお店も落ち着いています。休憩時にドーナツが少し食べれました。
私はドーナツが大好きなのでその点はとても嬉しかったです。働いて半月程でドーナツの名前も全て覚えれるのですぐ仕事が出来るようになります。
シフト制なのでプライベートもしっかり充実出来ました。
お勧め度:

 

 

男性 18歳

毎日ミスタードーナツにバイトにいくのがたのしみで仕方ありませんでした。なぜなら、接客が大好きでお客様の笑顔をみるのが幸せだったからです。

おまけに大好きなドーナツに囲まれて仕事ができるなんて夢みたいな時間でした。特にお腹が減っている時はかなりドーナツに誘惑されました(笑)
ドーナツを作るのも面白かったです。人間関係もとても良く和気あいあいとした職場でした。今はやめてしまいましたがまた機会があれば働きたいです。
お勧め度:

 

 

女性 22歳

高校生だった頃にミスドでアルバイトをしていました。意外と大変で時間帯によってかなり差がある印象です。

人間関係は良好でしたので幸いでしたが、セールの日になりますと半端ではない混雑になります。私はレジを担当していましたが、セールの日はトイレにも行けない位でした。
まとめ買いをされる方がほとんどでして、袋詰め、会計に、出来上がりました商品の補充とバタバタでした。それ以外の日は、比較的穏やかに働けました。
きつい日はきついという感じで暇な時も暇!と極端でした。
おすすめ度:

 

 

女性 18歳

どこでもあることなのかもしれませんが、社員と毎日来ているお昼のパートの人達の派閥があるみたいで居心地が悪かった。

バイトの研修期間(時給発生)があって結構丁寧に教えてくれたのはよかったと思う。仕事としては私が接客が苦じゃないからか、楽しくできていたと思います。
ただ最初に書いたように人間関係があまり良くなかったので、私は3ヶ月くらいで辞めました。それがなかったら、もうちょっと働いていたかも知れないです。
バイト中に着る制服のデザインは良かったと思います。
おすすめ度:

 

 

男性 18歳

飲食業のバイトとしては時給、働き甲斐、忙しさは平均的。店舗によりばらつきはあるようだったが、自分が働いたところは忙しいが時給はよかったのでやりがいはあった。

お菓子作りや料理が好きなので楽しくできたし、周りも料理好きが多かったので話しやすかった。一方でキッチン続きだとかなり油臭くなり、汗もかくのでケアが面倒な時もあった。
忙しい休日や時間帯は、人気商品が品切れお待たせすることがありクレーム対応に追われることもあった。総じてスイーツの飲食業バイトしては悪くないと思った。
おすすめ度:

 

 

女性 18歳

派手にしないまでも多少は茶髪にもしたかったのですが、茶髪不可など身だしなみの規定が結構厳しかったのが嫌でした。

学生だったのですがほぼ曜日時間固定だったので、テスト期間中など考慮してもらうことができずやりづらさを感じました。
しかしさすが全国展開しているお店だけあって、マニュアルはしっかりとしていてバイトを始めたころはよく読んでいました。
身だしなみの規定が緩かったらもっと続けていたと思います。しかしこのような業種なので仕方ないかもしれないですが。
おすすめ度:

 

 

女性 18歳

他の飲食店でも働いたことがありますが、髪の色や化粧の濃さなどに厳しいと思いました。またマナーや礼儀についてもしっかりと指導があります。

子供がいるので急に休みをもらったりしてしまうこともありますが、この昼の時間帯(10時〜16時)は主婦が多く理解があり助かっています。その他まかないとして休憩時間に好きなドーナツを食べることができます。
新商品も早くに食べることが出来るので嬉しいです。大きい会社なので保険などもしっかりしていてオススメです。
おすすめ度:

 

 

口コミから特徴をまとめると、職場の雰囲気(人間関係)は比較的良いという意見が多く、食べ物を扱うので当然だとは思いますが、身だしなみについては比較的厳しいです。
また100円セールの日はどの店舗も忙しいようですが、現在100円セールは廃止されているので今はあまり関係ありません。

 

主に2つに分かれる仕事内容

 

ミスタードーナツの業務は主に2つの種類に分かれます。1つはレジを中心とした「セールス」と呼ばれる仕事です。
2つ目はドーナツを作る「キッチン」になります。ただし、忙しい店舗などはその両方を任せるということもあります。

 

 

普段はとても忙しいということはありませんが、土日祝日のなどは行列が出来ることも多く、頻度は多くはありませんが定期的に忙しくなるということも頭の片隅に置いておきましょう。
それでは、その業務について詳しくご説明いたします。

 

 

セールス(販売・レジ)

 

セールスと呼ばれる仕事内容は「接客」をメインとした仕事です。具体的な仕事内容としてはレジ係という感じです。

ミスタードーナツのドーナツはとても種類が多く覚えるのが苦労するというイメージがあるかもしれませんが、最近ではレジが液晶化されていてドーナツの画像が表示されていてそのドーナツを押すと注文できる、というような感じになっています。

 

 

商品名、価格なども表示されているので無理に覚える必要もそこまでありません。ですが商品名や値段などは頭に入れておくのがベストです。
慣れてしまえば簡単な作業ですが、覚えるまでは根気が必要となります。レジに関しては比較的簡単ですので、問題ないでしょう。

 

 

またドーナツを箱に詰めるか袋にするかなどの判断も必要になってきます。基本このような接客業務は「笑顔」が大切になってきますので、鏡の前で練習しておくと良いかもしれません。
アルバイトをしたことがないという高校生や大学生は、ミスタードーナツでアルバイトをすることで「接客のいろは」を学ぶことが出来るので、おすすめです。

 

 

お客さんの層としても、小さい子どもからご年配の方まで非常に幅広い年齢層のお客さんが来店します。小さなお子さんと接することで、「心があったかい気持ちになった」という経験をしたスタッフもいます。
ただしクレームなども対応しないといけない場合がありますので、いいことだけではありません。

 

 

キッチン(ベーカー&フィニッシャー)

 

キッチンの仕事は「ドーナツの製造業務」がメインになります。ミスタードーナツのドーナツは、工場で一斉に作ったものは仕入れているわけではありません。

各店舗でドーナツを作っているのですが、専用の機械を使うことでドーナツを一つ一つ手作りしていくのがキッチンのメインの仕事となります。

 

 

分量などの調節は機械が自動で調節してくれるので、誰でも簡単に作ることが出来ます。
ただし見た目は作る人によっても若干異なりますので、やりがいのある仕事ということが出来るでしょう。

 

 

キッチンのスタッフは開店までには数多くの種類のドーナツを作らなければいけないので、早朝勤務という場合もあります。
朝の仕事に不安があるという人は、面接時などに必ず聞いておきましょう。

 

 

また「ポーター」という清掃をメインでする業務もあります。
こちらは清掃がメインになるのですが、セールスをしながらポーターをしたり、キッチンをしながらポーターをしたりと、店によっていろいろなパターンがあります。

 

ミスドのバイトはドーナツが無料で食べ放題?

ミスタードーナツでバイトをすると美味しい特典があります。それは「ドーナツを無料で食べることができる」ということです。

すべての店がこのようになっているそうというわけではありませんが、多くの店舗で「休憩時にドーナツと飲み物が飲み放題」「ドーナツ1個支給」などのように無料でドーナツを食べることのできるところが多いです。

 

 

一度求人サイトでこの辺りについてはご自身で調べてみましょう。求人詳細ページで良く「自慢のドーナツが食べ放題」など書かれています。
また店舗によっては「一足先に新作の試食をすることができる」という店舗もあります。

 

 

他ミスタードーナツは定期的に新作を販売していますが、誰よりも早く一足先に新作ドーナツを食べることのできるということも大きな点ではないでしょうか。
その他には、クーポン券や割引券を貰うことのできるところもあるようです。

 

ミスタードーナツでの面接対策とは

ミスタードーナツの仕事内容やその待遇についてご説明いたしましたが、実際に働きたいと思っている方は面接の対策をしたほうが、合格しやすくなります。
では、どのような対策をすればよいのかご紹介いたします。

 

身だしなみ
ミスタードーナツは飲食店なので、当然「清潔感」がなければいけません。男性の場合、髪の毛が眉や耳にかからない程度で、髪色は黒が望ましいです。
女性の方は髪の毛がロングの場合は、一本にまとめていくこと、そしてピアスやネイルなどは避けておきましょう。

 

質問にはきはきと答える
ミスタードーナツは、「接客業」なので、面接のときにも人間性を重視されます。実際に働いたときに、お客さんに丁寧な対応ができるかどうか、それを意識して、大きな声ではきはきと答えたり、笑顔を意識するとよいでしょう。

 

また面接では希望の時間帯、出勤する曜日や日数など基本となることを良く聞かれます。事前にどのように答えるか準備をしておきましょう。
シフトを聞かれたときに、アルバイトに出ることのできる日数や時間が少なすぎると落ちてしまうこともあるので、ぎりぎり出ることのできる時間や日数を答えましょう。

 

 

ミスドバイトで制服はある?

ミスタードーナツは、ファッショナブルなドーナツが多く、とても可愛いと評判です。それだけでなく、制服もおしゃれで可愛いと言われています。
季節や地域によって色やユニホームの形などが違うので、いろいろな制服を楽しむことが出来ます。また期間限定バッチなども従業員に配布されるということもあります。

 

 

ちなみに靴なども用意しなくてはいけないケースもあります。この辺りは店舗によって異なります。靴下なども黒色という指定があったりと、バイトをするにしても準備が必要になってきます。
ですがこのように制服があるのでバイトをする時はかなり楽です。私服など着ると汚れる可能性もありますので。

 

 

時給や昇給・シフトはどうなっている?

ミスタードーナツの時給の相場価格は都市部では950〜1100円程度、他の地域(郊外)などでは780〜850円程度になります。

 

仕事に慣れているスタッフは、当然時給も高くなっていきます。経験年数やスキルによって、時給も上がっていくので、やりがいのある仕事ということが出来ます。

 

店舗によって夜22時以降で時給がアップする店舗もありますが、郊外などではあまり見かけなく都市部で多い傾向になっております。

 

次にシフトですがフランチャイズの店舗が多いために、すべての店が同じシフト管理の仕方をしているということはありませんが、大体のお店は1ヵ月に2回提出というところが多いようです。

 

ミスタードーナッツはシフト融通をききやすいと言われています。シフトが自由自在に組めるので学生さんにとってスケジュール的に助かるような感じの店舗もたくさんあります。

 

ちなみに交通費は?

必ず交通費が支給ということわけではありませんが、直営店や多くの店舗では交通費が支給になる場合もあります。交通費が支給でないというお店もありますが、その店舗が経費を削減しているというわけではありません。
そのような店舗では、近くの人にアルバイトに来てほしいという思いが込められているのです。交通費については求人サイトでの詳細をご覧になって下さい。

 

 

バイトの年齢層はやはり若いのか?

バイトをしている人って若い!というイメージが強いかもしれません。高校生や女の子に人気のあるバイトですので、やはり気になりますよね。
しかし実際には店舗によってかなり違いがありますし、朝〜夕方までは主婦の方からフリーターまでバイトをしている人が結構多いです。

 

 

夕方〜閉店までは学生が多くなり、コンビニや飲食店などのアルバイトと似たような年齢層になっています。
若くなくても可能ですので、興味があればバイトにチャレンジしてみましょう!

 

 

ミスドでバイトをする2つのメリット

 

環境が良い

通常のバイトですと、お客さんの層や店内スタッフの雰囲気など環境が良いかどうかは、実際にバイトをするまでわかりませんが、ミスタードーナツなら比較的環境が良い傾向にあります。
その理由としては、子どもを連れてくるファミリーのお客様が多くご来店するので、おだやかなムードで仕事を出来るからです。現にミスタードーナツでバイトをしている人は、満足している人の方がはるかに多いというアンケート結果も出ています。

 

基本的なマナーが身につく

ミスドは独自のマニュアルを作っていて、お客さんに失礼のない丁寧な接客ができるように上司が仕事を教えてくれます。
またお客さんと接することで、そのようなマナーを身に付けていくことが出来るということも大きな魅力になります。セールスの仕事にしろキッチンの仕事にしろ「マナー」などは身につくでしょう。

 

 

バイトをしてデメリットはあるのか?

これだけ見てみると、ミスタードーナツのバイトは凄くいいバイトだ!と思ってしまいがちですが、もちろんデメリットもあります。デメリットの理由はとても単純です。
「忙しい時にはとことん忙しくなる」ということです。ミスタードーナツは日本で1300店もチェーン展開されているお店なので、ネームバリューがあります。

 

それに加えて定期的な激安セールを行っているので、休日・祝日の「100円セール」の時には、店内に入れないほど人が込み入るという場合もあります。
そのような場合の仕事は、休む暇が全くないほど忙しいので、デメリットになります。ただし「忙しいほうが時間を忘れて仕事が出来る」という人にとっては、ある意味でメリットと言うことが出来るかもしれません。

 

他のデメリットとしては、意外にもドーナツ運びは「重労働」ということです。一日に何十回も焼き立てドーナツを店頭に並べるのです。
ドーナツが何十個も入ったケースを上げたり下げたりするには、体力が必要になります。そのような点もデメリットということが出来るでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。今回は、「ミスタードーナツのバイトについて」ということで、その仕事内容、待遇、面接についてご説明いたしました。
ミスタードーナツの求人は全国に数多くありますので、まずは求人サイトで調べて面接を受けてみると良いです。